メリットとデメリット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

後遺障害になり損害を被ることになった際にはどの点に注意しながら、慰謝料請求などをすればいいのでしょう。気をつけなければいけないことは、後遺障害認定です。

加害者が加入している自賠責保険や任意保険では、後遺障害別等級表というものが存在します。これはある意味、後遺障害を認定するための基準です。全ての後遺障害の認定基準にあたります。

弁護士が交通事故の裁判で強さを発揮するのが「弁護士基準」だとすれば、「後遺障害等級認定」は、損害保険料率算出機構という損害保険会社が設立した組織が保険料を確実に算定しています。交通事故で治療を開始して、その後に改善する望みがないことが判明したことを「症状固定」と言います。

この段階ではじめて後遺障害認定を申請することができます。申請には、被害者請求と事前認定の2つがあり、それぞれにメリットもあれば、デメリットもあります。どちらの申請方法でも書類などを作成する時間や、機関との交渉など個人的に行うには煩雑すぎます。やはり、交通事故の専門弁護士に依頼することが望ましいでしょう。そうすれば、内容的にも充実している被害者請求で申請できますし、解決への長い道のりをしっかりと補助してくれると思います。

『参考リンク』後遺障害(後遺症)とは | 交通事故の慰謝料・弁護士相談ならアディーレ法律事務所