弁護士に相談する

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

さて、保険会社との交渉中でも、まだ病院での治療が終了した訳ではありません。治療の段階で、後遺障害が残っていることに気づくことも多々あります。後遺障害とは、交通事故などにより負傷した場合に、完治することなく、今後の生活に支障をきたすほどの障害が残ってしまうことを指しています

このような問題に直面した場合にはどのようにすればいいのでしょう。まず、考えられることは、入院している病院で、適切な治療が行われている内容の書かれた後遺障害診断書を作成してもらいます。

実は、ここでまず重要なことは、担当医や病院などが後遺障害について詳しく知らないことがあります。それでは話が前に進みませんし、被害者側も内容を理解していなければ壁にぶち当たってしまいます。

このようなときこそ、後遺障害について熟知している弁護士が近くにいると心強いでしょう。後遺障害だと特定されることは難しい問題です。後遺症があることで100%の力を発揮できずに収入が減少してしまいます。将来的にみても、経済的観点から豊かな暮らしができなくなることは目に見えてはっきりとしています。慰謝料などの損害賠償では未来の分まで、加害者に請求することが必要だと考えます。